2010年11月19日

セルフィ物語 〜魔王討伐編〜


みなさんこんばんはアセルスです('-'*)


本日は私がmixiで公開しているある小説をこちらの記事におのせしました^^

以前にPSUアニメ(仮)という企画で色々小説まがいのものを書いていたのですが、時間がとれず結局更新が泊まっています@@

なによりも一番の問題は漫画の編集でした・・・・
(何時間もかかるので・・・・)

そこでどうすればいいのかと、悩んだところ・・・・・・

小説にしちゃえばいいんだ・・・!!!!


と結論に達しました@@

(そこでサンプルとしてできたのがブログアドベンチャーでした>w<)


今回はブログアドベンチャーの発想と書いたシナリオ、そしてセルフィちゃんねるというアバター着せ替えアプリを使った

 セルフィ物語 を公開したいと思います^^


このセルフィ物語はどういうものなのかと簡単にご説明しますと・・・・

選ばれたある主人公を中心にストーリーが描かれ、そしてその話はストーリーが終わるまでに必ず完結(一段落)します。

アニメや漫画である、ちょっとしたおまけストーリー?のような感じです^^

ただ、その主人公の話の続きを書くかどうかは気分次第で、その主人公の話はそれで完結してしまう場合もあります。

ゲームか何かで例えれば分かりやすいのですが、、、、みなさんがご存知でないと分からない方もいらっしゃいますしね><


えと、、、、、
複数いる主人公の短い小説物語と思っていただければ幸いです^^


あ、、小説と銘打ってはありますが、本格的な小説ではなく映画やアニメの台本のような感じで、台詞がメインとなっております

細かい部分などはご覧頂いてる方のご想像におまかせいたします!!


それでは。。。。前置きが長くなってしまいました@@
本編をお楽しみください^^
ちょっとお知らせ
本家に載せてあるセルフィ物語とは若干台詞に変更がありますが、基本的なストーリーはそのままです。


セルフィ物語 〜魔王討伐編〜

「旅たち〜パジャマとぬいぐるみと伝説の剣」



勇者編.jpg


アセルス「すぴ〜〜・・・・・・zzzz


母親「アセルス大変よ!起きなさい!!


アセルス「ん〜・・・・どうか・・・・したの・・・?

アセルスが眠そうに目をこすりながら起き上がる

母親「魔王よ!ついにこの世界にも魔王が現れたのよ!!

アセルス「え・・・?魔王?それってゲームとかでよくでてくるやつ?

母親「ええ!・・・・そのまさかよ!

アセルス「そうか・・・・・って・・別にまさかとは言ってない!

母親「とにかく。。。。大変なのよ!!!

アセルス「そ・・・そうなんだ・・・・それじゃおやすm

アセルスは布団をかぶる

母親「寝ちゃだめよ!!!

  母親の攻撃!アセルスに8のダメージ!

アセルス「いててて・・・・なにするんだよ!

母親「こう見えて私はLV36よ

アセルス「へぇ〜・・ってそんなのも聞いてないよ!

母親「とにかく!出発の時よ!

アセルス「え・・?誰が・?

母親「貴方に決まってるじゃない!!

母親はアセルスに指を突きつける

アセルス「無理無理無理!!! っていうか私はただの村人Aですから!

母親「何を言っているの!ゲームの主人公に肩書きなんて関係ないわ!(*1)いっきの主人公なんてただの農民よ!

※「ファミコンで発売されたゲーム いっき 」


アセルス「いっきで例えるな!



母親「とにかく・・・・あんまりノロノロしていると時間性のイベントを逃しちゃうわよ!

アセルス「な・・・・・・なんだよイベントって!

母親「いい?!ボーとしてたら、貴重なアイテム逃したり、仲間になるはずのキャラが加わらなかったりするのよ!!

母親「それでもいいの!!?

アセルス「・・・真顔で訳の分からないことを言うな!行かないったら 行 か な い !

父親「おい、準備はできたのか?


アセルスの部屋に父親が入ってくる


母親「あら、パパ。アセルスったらね!貴重なアイテム取り逃したり、仲間を見捨ててもいいっていうのよ!

アセルス「えええ!行かないとは言ったけど、、なんか違う!なんか違うぞ!

父親「アセルス、、、、いいか、、貴重なアイテムは仮に半歩譲って取り逃したとしよう・・・

アセルス(半歩かよ・・・)



父親「だがな・・・仲間だけは見捨てるな!たとえどんな事があってもだ!!いいな?



アセルス「言ってることはめちゃカッコイイけど、よく分からないぞ!

父親「アセルスよ、、、これをもっていけ

アセルス「いや・・・スルーですか!?  って・・・ん・・・なにこの剣?

父親「これはな。。。私が昔使っていた伝説の大剣だ

アセルス「伝説の大剣・・!?

父親「そうだ、この剣でいくどとなく命を助けられたことか、、、、、、

アセルス「そんな大切な剣を・・・ホコリかぶってるけど、そういわれてみると凄そうな剣だ・・・・

父親「大丈夫だぞアセルス、確かに古い剣だが安心しろ!まだ一度も使ってないからな!

アセルス「使ってないんかい!

父親「20年間一度も使ってないからな!!伝説だぞ!

アセルス(伝説の使い方絶対間違ってる・・・

母親「そうだわ、貴方の好きなこのぬいぐるみ、これももっていくといいわ

母親「万が一の時助けてくれるはずよ!



  アセルスは 
ぬいぐるみ を手に入れた!



アセルス「いや・・・・これ普通のぬいぐるみだけど、、、、っていうかぬいぐるみが助けてくれる確率が万が一だよ!



アセルス「っていうかまずないよ!!!もふもふしてるし!

母親「それと・・・・・・

母親はペンダントを取り出した

母親「このペンダントを持っていきなさい、これは女神様の加護を受けてあるの

アセルス「お、、、なんか凄くまともなアイテムが・・・・・逆に怖い・・・・

母親「持っていても特に効果はないけれど、持って行きなさい

アセルス「・・・・・・・・・・・・・うん・・・ありがとう・・・・・・もう突っ込む気力が・・・


  アセルスは ペンダント を手に入れた!



父親「これで装備は整ったな!

アセルス「はぁ・・・・分かったよ、、行くよ行く、、、

父親「おおそうだ!忘れてた!アセルス!

アセルス「ん?なに・・?

父親「その剣だがな、装備できるレベルが40からだからそれまでは使えないぞ!

アセルス「・・・・・・使えないだろ!!!  orz

父親「では行って来い勇者!!

母親「気をつけてね勇者!!

アセルス「・・・・・誰が・・・・

こうしてアセルスは無謀な魔王退治へと向かったのである


アセルス
LV1
HP 20/28
MP 3/3
お金 20G


装備
E素手

E寝服用帽子 防御+1
Eパジャマ上 防御+2
Eパジャマ下 防御+1
Eお気に入りのマフラー 防御+1
E履きなれた靴 防御+1
E女神のペンダント 効果なし

伝説らしい大剣 装備制限LV40
お気に入りのぬいぐるみ


アセルス「ふぁぁぁ・・・ねむ・・・


つづく?




ご覧頂ありがとうございました(_ _
セルフィ物語〜魔王討伐編〜でした!

この物語は某ギャグ漫画を題材にした基本シリアス0のお話です

このお話に関してはつづきを作成中ですので、近いうちに載せると思います^^

この魔王討伐編はドラクエ風の世界観でしたが、毎回こういった感じというわけではなく、この魔王討伐編のみのシステム?となっています!

別の物語では全く違った世界観でお送りいたします@@

ちなみにタイトルの下に貼ってある画像はアセルス自信をアバターとして貼り付けてあるので、このお話の雰囲気はアバター画像を見てご想像してくださいませ^^


posted by Asellus at 06:05| Comment(2) | TrackBack(0) | セルフィ物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだかノリがディスガイアっぽいw
旅立ちまえからHP8減ってるしw
お母さんLV36なのにレベル1に8ダメージって・・・
旅立つのだアセルス!
頑張れアセルス!!
たぶんその装備じゃスライム一匹相手でも危ないゾ!!!
お逝きなさい(スカイハイ風に)
Posted by えお at 2010年11月19日 19:17
ご愛読ありがとう!!

いま読み返して思ったんだけど、、、
改行入れてないのに入ってたりしてる場所が沢山ある、、、、このseesaaいい加減勝手に改行入れるの止めてほしい・・・・

ディスガイア!!!意識してなかったけど、そんな感じになってるかも・・?w

おかあさんは手加減してるんだお!!
自分の子供に全力なぐらないお><

勇者志望アセルスの続編は乞うご期待!!!!



してね!
Posted by アセルス at 2010年11月21日 04:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。