2010年10月20日

[オカルト] 曰く付き?物件 -前編-


みなさんこんばんはアセルスです('-'*)


最近うちのキキ(クロ猫)の様子がおかしく、あまり元気がありません(*。-_-。)

ごはんもろくに食べずに、私のベッドの上でぐったりとしています

白っちが風邪引いたとき同じような感じだったので、もしかしたら、、、、風邪を引いてるのかな。。。@@

ちびっと心配です、、(*。-_-。)




さてさて、、、、

本日のお話は 「曰く付き?物件」 です

これは私が体験した話ではなく、友人が体験したお話です




-曰く付き?物件-

(だらだらと長くなってしまうので、余分なお話はカットしてあります)



ある日友人(ここではAとしておきます)からメールが届きました

「アセルス、今月の20日予定ある?」

その日特に用事はありませんでしたが、何の用かメールで返信すると

いま住んでるとこ引越ししたいんだけど、少し手伝ってくれないかとの事でした。

すぐにAにOKの返事をし、20日に引越しの手伝いをすることになりました


その月の10日

その友人と別の友人(Bとしておきます)そして私、合計三人でその引越し先を見に行くことになりました

その引越し先というのが少し古いアパートなのだけど、ぱっと見は結構綺麗でオシャレなアパートでした

駅から15分程度、家賃も結構安めでこれなら文句なし!とすぐに決めたそうです

まだ内装を見た事ない私とBは中が気になり
アパートのまわりをぐるりと回り、外からその友人が住む予定の部屋のベランダから中を覗くことにしました(部屋は2Fですが)

部屋にはカーテンが半分かかっており、更に真っ暗でほとんど見えませんでした

私「ん〜・・・ここからじゃよくみえないなぁ・・」

B「・・・ん?あれ・・?」

私「ん?どうかした?」

B「あ。。いや、、、、」

Bはベランダを見てから何か考え事をしているようでした

私はその時少しからかい、幽霊でもみたの?と面白半分に問いただすと

B「ん〜・・・・・・かも?」

とちょっと良そうに反しておかしな答えが返ってきました

その後食事をし、後日の予定を詳しく決めた後解散することになりました。


その帰り道
Aと別れ、Bの車で二人で家に向かってる時さっきの事を聞いてみました

私「そいえばさっきさ、何かベランダで見たの?」

B「ん?ああ・・・・・ん〜・・・私の勘違いかもしれないし・・・・」

私「なになに?本当に幽霊とか?」

B「いや・・・ね、、、幽霊というか、、、、」

B「私達が最初あのアパートに入る時、ちらっとベランダの方みたのね、でもその時。。。。。」

私「うん・・・・・?」

B「あの部屋のカーテンは全部閉まっていた気がするんだよね・・・・・」

私「・・・・・え?・・・・・」

そうです、アパートを一通り見た後、最後にベランダから部屋を覗いた時は カーテンが半分開いていたのです

B「最初は勘違いかな、、、と思ったんだけど、あの時カーテン全部閉まってたのって確かあの部屋だけだし、、、、」


その話を聞いて少し怖くなりましたが、Aにはとりあえず黙っておこう、、、という話になり

その日はとりあえずそれで解散しました


20日 引越しの日

その日はそのアパートに集合でした、Aの知り合いの人が大きい荷物を車でここまで運んでくれており
私達はそれ以外の荷物を部屋まで運ぶ手伝いをすることになっていました。

私とBは前回のカーテンの事もあるので内心はあまり部屋に入りたくないなぁ、、という気持ちもありましたが

意を決して中に入ることに、、、

扉を開け、中に一歩踏み出すと、、、、、、、、、、

何か、、、空気が冷たいというか、ひんやりした風が流れてきました

そして朝だというのにやけに薄暗く、事前の先入観もあってか、「長居したくない!」そんな風に思っていてしまいました。

朝10時頃から始めた手伝いも夕方頃になるとほとんど終わり、一息入れながら仕事に励んでいました

そして夜の6時過ぎ頃

B「ねぇアセ、、、ちょっとこっち」

いきなりBに呼ばれ付いていくことに

私「どうかした?」

B「この部屋・・・・やっぱり変だよ・・・・」

私自身は妙な気配や音などは(私の体験談でも話しましたが)聞くことはあるのですが、霊自体を見た事はありません。

この部屋も変な感じはしましたが、これといって何か感じたわけではありませんでした

私「変?」

B「なんていうのかな、、、誰かにずっと見られてるような・・・」

Bによると、最初は私と同じで妙な感じがしただけで、その後あまり気にしていなかったみたいなのですが

部屋で作業しているうちにどんどん気持ち悪くなり、とうとう限界にきてしまったようです。

Bにはこれといって霊感があるという話は聞いたことがなかったので、少し半信半疑でしたが

確かに最初に入った部屋の違和感をまだ体が覚えており、言われてみると、、、という感じでした


その後外で冷たい飲み物を買ってくると、私とBで一度アパートから出て近くのコンビにか自動販売機まで行くことになりました

そしてその部屋から外にでた瞬間、私とBは思わず顔を見合わせてしまいました


部屋の中と外の空気が明らかに違う・・・・・・


サウナから外にでたような、そんな開放感というか、、、、そんな妙な感覚がしました

実際に霊を見たわけじゃないけれど、この空気の違いは明らかにおかしかったです


その後Bとカーテンとさっきの部屋の話をするかどうか話し合い、結果全部話すことになりました


夜7時過ぎ
作業もほとんど終わり、あとは簡単な片付けのみを残すだけとなりました
あとはAが自分でやるからと、Aのおごりでその夜は近くのお店で食事をすることになりました

その食事の席で私とBはあった出来事を話すことにしました


私「・・・・・という訳なんだけど、、、、」

A「え・・・・・なにそれ?w」

B「ここ止めたほうがいいよ」

A「いや・・・・それ絶対気のせいだってw」

確かに実際に霊をみたわけでも、何か怪奇現象が起きたわけでもなく、カーテンも部屋の空気も勘違いで済んでしまう話でした


結局Bの説得にも応じずAはとりあえずそこに住む事となりました

ただAは

A「もし何か変なことがあったら逐一連絡するから、それで本当にやばそうだったら部屋をでるよ」

と私とBに約束しました


そしてその二日後の朝Aからメールが届きました


後編へ



はい、、、、えと、、、、少し長くなってしまったので、このつづきは次回の更新で書きたいと思います('-'*)

下手な小説みたいな感じになっていますが、、訳の分からない場所があればコメントにてご指摘くださいませ>x<


思い出しながら書いていたので、誤字脱字があるかもしれませんが、気付き次第修正していきたいと思います。



ここまで読んでくださってありがとうございました。

また次回の更新で(^-^*)/













ラベル:心霊 オカルト
posted by Asellus at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | オカルト系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。