2008年07月06日

あのね。。あのね。。。後半

みなさんこんばんはアセルスです(*^ー^)ノ


ではでは、、前回ご紹介した

トワイライトシンドローム、第7話:テレフォンコール

・・の後編をアップしたいと思います^^

前回の記事に追記しようかと思いましたが、別記事にしてみました(*´∀`)
(特に意味はありません)

ゲーム本文の文章をほとんど引用し、オリジナルの文はなるべく使わないようにしてますが
そのせいか、、、、少し状況や動作がわかりにくい部分もあるかもしれません・・・・


一応今回は分かりやすくするためにSSをいれてみました(*´∀`)
まず・・・・・ユカリの部屋はこんな感じです↓

TSその1.jpg

真ん中の人はユカリです


挿絵みたいな感じで数枚いれてあります(*´∀`)

なんとなくイメージしていただければ幸いですw


では、そんな感じで後半スタートです(*^_^*)








テレフォンコール:後編



・・・・・・・・・

しばらく時間が過ぎ、床に座り込むユカリ


トゥルルルル、、、トゥルルルル、、、トゥルルルル、、、


ガチャ


ユカリ「・・・・・・・・」

相手「すみません宅急便ですが、長谷川さんのお宅ですか?」

ユカリ「あ、どうも・・・・こないんでどうしたかと・・・・」

相手「え?あの〜・・・うち・・空けられましたか?」

ユカリ「いえ、ずっといましたけど?」

相手「おかしいですね。。。30分ほど前に寄ったんですけど、誰も出られなかったんですよ
とりあえず、持ち帰えらさせていただきましたけど」

ユカリ「え・・?」

ユカリ(だって、誰の声もしなかった・・・よね・・・)

相手「とにかく明日改めてお伺いにあがりますので、あの何時頃ならいらっしゃいますか?」

ユカリ「え・・・あ、ああ 6時すぎればいるはずですから、、、はい・・・はい・・わかりました」


ガチャ


ユカリ「一体、どういうこと・・・」


トゥルルルル、、、トゥルルルル、、、トゥルルルル、、、


ユカリ「また・・・電話・・・」


ガチャ


ユカリ「はい長谷川です」


相手「・・・・・・・・・・・」


気味の悪い雑音が流れる


ユカリ「・・・・・・・・・・・」



ガチャ



ユカリ「・・・・・・・」



そしてまたしばらくして・・・・



トゥルルルル、、、トゥルルルル、、、トゥルルルル、、、



ガチャ




ユカリ「もしもし・・・・・」

チサト「ユカリちゃん大丈夫?変なことおこったりしてない?」

ユカリ「変わんなくないよー! 時計はとまっちゃうし、変な電話もかかってくるし・・・
さっきだって宅急便の人はうちに誰もいないって・・・・一体、どうなってんの?」


TSその3.jpg
チサト「ごめんね、もっと早く電話したかったんだけど探してた本が見つからなくて・・・・」


チサト「それより、ユカリちゃん、わかったよ、その・・・電話の意味」

ユカリ「ほんとに!?」

チサト「うん・・・・亡くなったおじいちゃんの本、古い昔の本に載ってたの
昔は、今みたく電話がないから手紙で同じ様なことがあったらしいって話なんだけど・・・・」

チサト「その電話の人ね、ユカリちゃんにすごく言いたかった事とか、守れなかった約束とかがあったはずなの」

ユカリ「・・・・約束?」

チサト「なんにもないのにそういう電話がかかってくること、ないんだって」

チサト「だから・・・その人が誰で、ユカリちゃんと関わった「なにか」が分かればその人「あっち側」にいけるんだって・・・」

チサト「だけど・・・もし、電話を取らなかったら・・・・」

ユカリ「・・・・取らなかったら?」

チサト「やっぱり、、、、つれにきちゃうって・・・」

ユカリ「・・・・・・・・・」

チサト「ねえ、ユカリちゃんホントに思い当たることってないの・・・?」

ユカリ「思い当たること・・・っていっても・・・」

チサト「できることはなんでもやってみて、私からもお願い
思い残したことがあるなんて、なんだか悲しいよ・・・・」

ユカリ「わかった、調べてみるよ・・・」

チサト「ユカリちゃんのために・・・っていうのもあるけど、彼女のために・・・・」

チサト「お願いユカリちゃん、今11時30分、あと30分しかないよ」

ユカリ「うん・・・・」


ガチャ


ユカリ(私が忘れてることか・・・少し探してみよう・・・)



ヘヤの中を見渡すユカリ


ユカリ「探してみよう・・・・」


・・・・・・・・・


少しヘヤを探したあと、ふと本棚に目にやる


ユカリ「あ、、そうだ、、えーと・・・確かこのへんに昔のアルバムが・・・・」

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・


ユカリ「あ、あった・・・」

ユカリ「なつかしー・・・チサトちっちゃーい」


TSその4.jpg
ユカリ(このころはよかったな、たいした悩みもなくて、毎日普通に幸せで・・・・)


・・・・・


アルバムを戻すユカリ



トゥルルルル、、、トゥルルルル、、、トゥルルルル、、、


ユカリ「・・・・・・・」


ガチャ


チサト「ユカリちゃん大丈夫?もうあんまり時間ないよ、なにか分かった?」

チサト「ううん、全然・・・・昔のアルバムとかみたけどこれといって・・・・」

チサト「ねぇ、ユカリちゃん、そのアルバムに、ユカリちゃんの知らない子とか写ってなかった?」

ユカリ「どうかな・・・そういう子、いっぱいいたけど・・・そんな凄く仲が良かった子っていなかったよ」

チサト「そう・・・でも、もしこのままなにもわからなかったとしても、電話にはでてあげてね・・・・そうしないと・・・・」

ユカリ「わかってる・・・・」

チサト「じゃユカリちゃん気をつけてね・・・」

ユカリ「うん、ありがと・・・」



ガチャ



ユカリ(昔の事ね・・・・)

ユカリ(私が覚えてること・・・・)

ユカリ(チサトとであったこと、昔つきあってたやつ、とうさんとかあさんが別れたこと・・・・・・・・)

ユカリ「(結構覚えてないもんだな・・・小さいときの友達なんて、ほとんど覚えてない・・・・)



トゥルルルル、、、トゥルルルル、、、トゥルルルル、、、



ユカリ「・・・・・・・・」


ガチャ


ユカリ「・・・・・・もしもし・・・」

相手「ユカリ、いたの?電話しても出ないから・・・」

ユカリ「いたよ・・・いたんだけど色々あって・・・」

母親「ほんとに?心配したのよ、ユカリ、どきどき・・・」

ユカリ「それより母さん、今日夜勤?」

母親「そうじゃないの、ユカリ、サチコさん、覚えてる?」

ユカリ「サチコ・・・?サチコ・・・・さっちゃん・・・?」

母親「そうよ川越の親戚のサチコさん、ユカリより1つ上の・・・・」

母親「あなた、小さいとき、よく一緒に遊んでもらったでしょ、最近ずっと会ってなかったから忘れたかと思ってたわ」

母親「サチコさんね、、、昨日の夜、亡くなったの」

母親「子供の時からずっと病気で入院してたでしょ、もう長いこと危ない状態が続いてたんですって・・・・」

母親「今日の午前中突然電話があって、、、今、お通夜が終わったところなの、連絡しようと思って何度も電話したのに・・・・」

ユカリ「・・・・・・」

母親「ユカリ?ユカリ、聞いているの?」

ユカリ「・・・・・・・・・・・」


ユカリの子供のときの記憶がよみがえる・・・・・

TSその2.jpg

ユカリ「すご〜い!さっちゃん上手!」

サチコ「ううん、ユカリちゃんにもできるよ〜」

ユカリ「できない、、、凄く可愛い!さっちゃんすご〜い!」

サチコ「ずっとヘベッドで寝てるから・・・・作れるようになっちゃった」

ユカリ「いいなぁ・・・」

サチコ「ほしい?」

ユカリ「ほしい!」

サチコ「ユカリちゃんにも作ってあげようか」

ユカリ「ほんと!?」

サチコ「うん、今度来てくれるまで、もうちょっと作っておくね」

ユカリ「絶対!?約束ね!」

サチコ「うん、約束ね」





・・・・・・・・



母親「ユカリ?ユカリ?もしもし?」

ユカリ「あ、、、、うん、聞いてるよ、うん、わかった、わかってるよ・・・・じゃあね」


ガチャ

ユカリ(さっちゃん・・・だったの・・・?)


ユカリ「・・・・・・・・・」




トゥルルルル、、、トゥルルルル、、、トゥルルルル、、、


トゥルルルル、、、トゥルルルル、、、トゥルルルル、、、





ユカリ「・・・・・・・・・」


ガチャ



相手「・・・・・アノ・・・ネ・・・・あのね・・・・」


相手「あのね、、、、あのね、、、あのね、、、、あのね、、、、あのね、、、、あのね、、、、、、、、あのね、、、、」


ユカリ「・・・・・さっちゃん・・・・?」

ユカリ「さっちゃん・・・・なんでしょ?」

サチコ「・・・・・・・・・・・・・うん・・・・・」

ユカリ「・・・どうしたの・・・?」

サチコ「ユカリちゃん・・・・あたし・・・・・」

サチコ「死んじゃったの・・・・」

サチコ「ごめんね・・・・・・・・・・・・ごめんね・・・・・」

サチコ「ごめんね・・・・・約束・・・守れない・・・・・」

サチコ「ごめんね・・・・・」

ユカリ「・・・・いいよ・・・・・もう・・・いいよ・・・さっちゃん・・・・」

サチコ「あたし・・・・いかなくちゃ・・・・」

サチコ「バイバイ・・・・ゆかりちゃん・・・・・」

ユカリ「バイバイ・・・さっちゃん・・・・・・」


・・・・・ガチャ・・・・・・・・・ツーツーツーツーツーツーツーツーツー







以上で第7話テレフォンコール終わりです(*^_^*)


ここまで読んでくださった方ありがとです(≧∇≦)ノ彡



はい。。。。何度みても感動します・・・・(´;ω;`)

なんというか・・・



脚本家GJ!!





5話も感動物だし、本当に良作です^^


ちなみにこの話・・・・
結構カットしてあるので、完全版を見たい方は、PSソフトのトワイライトシンドローム・究明編
(↑一応アマゾンにリンクつけときます)

か、ニコニコをごらんください(*^ー^)ノ
(↑第7話に飛びます)


ちなみに
トワイライトシンドローム・探索編が全1〜5話

トワイライトシンドローム・究明編が5〜10話となっております
(完全な続編物です)

もしこのゲームをやりたいって方がいらしましたら、探索編からプレイしてくださいねw


究明編から始めるといきなり5話の話のつづきからなので・・w



クロックタワーもそうだけど、こんな名作を出してるのになんで倒産したのだろう・・・と・・・

いま出せば確実に名作ソフトとして表歴史に残りそうなのに・・w


ちょと出すのが早かったのかもしれませんね。。。トワイライト><



ニテンドーDSで発売される

トワイライトシンドローム 禁じられた都市伝説

(これもアマゾンはっておきますw)

買おうかなぁ・・・・・

でもDS妹から借りないとだ・・・( ̄▽ ̄)

とりあえずソフトだけ買っておこうw



ではでは、また次回の更新で(^ー'*)b




なんか宣伝ばっかだw( ̄▽ ̄)
posted by Asellus at 00:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム関係(OFF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
泣けるね(T_T)
内容は違いますが、映画「フィールドオブドリームズ」を思い出しました。

あれも心残りで…みたいな話でしたが、かなり泣かせていただきました。
Posted by 宛名 at 2008年07月06日 12:07
もう一人の私だ('-'*)
こんばんは^^

この話は何度見ても感動する><

ふむふむ、、、そんな映画が、、、、
今度レンタル店で探してみようw
Posted by あせるす at 2008年07月06日 18:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102233767
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。